住宅ローンを活用しよう

返済不能となった場合、ローンの組み替えや債務整理を行うことで、負担を軽減することができます。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

返済不能になったら

金融機関へ返済を続けていれば、大きな負担を感じることもあるでしょう。
時に、返済が遅れ、終いには、返済できないケースも考えられます。
そういう場合、どのような処置をすればいいのでしょうか?
まず、借りている側から何もアクションを起こさないのであれば、債権者である金融機関から、債権者としての権利を実行されます。
たとえば、このサイトでも少し触れていますが、当該不動産が担保に供されているため、担保権を行使されることです。
こうなれば、市場で売却されてしまい、住宅そのものを失うことになります。
こうならないためにも、まずは、組み替えを考えるべきでしょう。
これも、このサイトで触れていますが、金利の低いローン商品へ切り替えることです。
しかし、新たなローンにするとは審査があり、返済が見込めないようであれば、審査に通ることはありません。
そうなれば、金融機関の権利実行となってしまいます。
そこで、債務整理を行う方法があります。
これは、法的処置であり、依頼した時点で、債権者の回収がストップするようになります。
自己破産、個人再生、特定調停、任意整理の四つがあります。
ローンを完全に停止したいのであれば、自己破産が望ましいでしょう。
その他のものは、利率を下げての債務の再計算となり、ケースによって債権が残ります。
しかし、自己破産の場合、財産処分として当該住宅を差し押さえられる可能性があります。
そのため、住宅を残したいのであれば、個人再生が望ましいかもしれません。
ただし、住宅ローン以外の整理となり、なおかつ、債務整理を行えば、新たなローンを組むまでに相当な年月を必要とします。
この点を考慮するのであれば、やはり、無理な返済をしないようにするのが、妥当なことでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.