住宅ローンを活用しよう

長期返済となる住宅ローンは、計画的な利用が大事になることでしょう。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

結局は計画性

ローンには、短期と長期がありますが、住宅ローンは、長期の一種です。
十年単位で返済をし、完済まで努力と忍耐が必要でしょう。
そのため、計画的な返済が重要です。
すでにこのサイトでも、お話していますが、金利が付与されるため、実際に借りたお金よりも多くのお金を返します。
長期の場合、利率が低めとなるため、見た目には、あまり負担が大きくないように見えます。
けれども、実際に支払を続けるようになれば、給与の何分の一かを使うことになります。
しかも、家族がいれば、家族を養うお金なども必要になり、実にもったいない感じになるかもしれません。
したがって、ローンを組む場合、自分でも、計算書などを作ってみましょう。
今では、パソコンを使えば、計算ソフトがあり、容易に返済額と完済までの期間を導き出せます。
申込前に、自分で計算しておけば、相談もまたしやすい面があるかもしれません。
また、住宅ローンの場合、担保ローンの一つにも鳴ります。
担保とは、もしもの際に、債権者が市場売却することで、貸したお金を回収できるようになることです。
住宅ローンの場合、当該不動産が担保となり、完済まで金融機関が担保権を有しています。
そのため、購入したと言っても、実質の所有権を完全に持っている訳ではありません。
この点も十分念頭にしながら、住宅ローンを利用すべきでしょう。
なお、ローンが苦しくなったのであれば、担保権を実行してもらうことで、ローンを減らす、あるいは、なくすことができます。
もちろん、当該住宅を失うことは、言うまでもありません。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.