住宅ローンを活用しよう

ローン返済に大きな負担を感じたのであれば、借換えを検討することも重要です。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

借換えもチェック

このサイトでも、金利のことを述べましたが、金利はコストでもあり、時に大きな負担となります。
しかも、住宅ローンの場合、十年単位での返済となることが一般的であるため、返済が遅れてしまう可能性もあります。
そうなった時、すぐに手放すということをせず、住宅ローンの借換えを検討することも、重要なことでしょう。
文字通り、それまでの住宅ローンを変更することであり、同じ金融機関であっても、そうでなくても、問題ありません。
要するに、住宅を手放さずに、返済負担を軽減する方法であり、各金融機関とも、該当商品を提供しています。
当然、金利が低めのものであり、しかも、長期返済がさらに長期となる可能性もあります。
しかし、ある意味、再出発のための商品でもあり、負担が大きければ、検討すべきでしょう。
各金融機関でも、返済に関する相談窓口を設けています。
そういうところで、負担のあることをきちんと説明し、どうすれば解消できるかを十分検討すべきです。
同時に、金融機関ばかりでなく、他の相談窓口を使うことも、重要です。
医療でも、セカンドオピニオンというものがありますが、住宅ローンについても、そういうものを使うべきでしょう。
特に、無料で相談できるところであれば、各役所の相談窓口です。
地域の専門家が相談に乗るため、的確なアドバイスを受けられる可能性があります。
しかし、無料と言うことで、事前にきちんと予約する必要があります。
所在地を管轄する役所、あるいは、出張所などで受けつけているため、困ったことがあれば、相談してみるべきでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.