住宅ローンを活用しよう

敷金を巡っては、時にトラブルとなり、最悪は裁判に訴えるようになるでしょう。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

トラブルとなった場合

敷金が賃貸住宅における担保金のようなものであることは、すでにお話しました。
修繕費用に利用されるお金であり、見方によっては、非常に安心感があるかもしれません。
しかし、全ての人がそう思えない面もあるでしょう。
つまり、賃借人にしてみれば、必ず戻って来るお金と見なすことです。
あるいは、賃貸人であれば、自由に利用できるお金との認識をし、本来であれば、賃借人が負担する必要のない費用まで、計算してしまうこともあります。
これは何より賃借人と賃貸人の敷金を巡る見解の違いであり、元を正せば、法律による規定がないことでしょう。
しかし、法治国家であっても、慣習における秩序が成り立っていれば、それを法律と同様に見なします。
敷金がまさに、それに該当するのでしょう。
ともあれ、種々の見解により、時に賃借人と賃貸人でトラブルとなります。
そうなった場合、どのように対処すべきでしょうか?
まずは、不動産管理会社との話し合いになるでしょう。
仲介業者であると同時に、オーナーの意向を代弁する立場でもあります。
板挟みのポジションとも言えますが、費用負担の計算などをきちんと行うように、伝えるべきです。
けれども、それもでらちがあかない場合、消費者センターなどに相談すべきでしょう。
事例を元に、的確なアドバイスを受け取れる可能性があります。
ただち、間に入って、仲裁を行うことはありません。
さらに、最悪のケースとなります、裁判に訴えることです。
金額にもよりけりでしょうが、一般的な敷金を巡る裁判であれば、簡易裁判所による少額訴訟です。
本人訴訟でもあり、即日結審となります。
当該賃貸住宅所在地域を管轄する簡易裁判所が担当するようになります。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.