住宅ローンを活用しよう

フローリングに関しても、故意過失がない限り、賃借人が費用負担をすることはありません。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

床などもチェック

賃貸住宅でも、全面フローリングのものが増えていることは、すでに言及していることです。
時代の変化でもあるでしょうが、フローリングのメリットは、掃除がしやすい面もあるでしょう。
面倒ではないというのが、好かれる理由であり、もちろん、様相面の良さも、好まれる理由の一つかもしれません。
しかし、たとえ、フローリングであっても、修繕費用の負担を考えておくべきです。
たとえば、冷蔵庫を置いたことによるへこみは、通常の生活範囲でのことであり、賃借人の負担ではありません。
しかし、重い物を上から落としてヘコませたり、かかとで蹴飛ばすことで、へこんだ場合などは、当然、賃借人の負担です。
また、畳と同様、タバコによる焦げは、賃借人の負担です。
結局、タバコ関係による損傷は、全面的に賃借人が負担するようになります。
さらに、フローリングの色落ちなどが雨漏りによるものであれば、建物自体の問題であるため、賃貸人の費用負担となります。
ただし、雨漏りがあると知りながら、そのままにしておけば、過失と見なすことができ、賃借人の負担となります。
あるいは、引越しによる損傷も、賃借人が負担するようになります。
これは、免責事項として、引越し業者も説明したり、あるいは、契約書などに記載されていることと思います。
いずれにせよ、フローリングもまた、生活に関する故意過失であれば、賃借人が修繕費用を負担します。
こういう点を十分認識しながら、賃貸住宅でのフローリングを利用すべきでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.