住宅ローンを活用しよう

畳においても、状況によって、賃借人と賃貸人の費用負担があります。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

畳の原状回復

日本の賃貸住宅であれば、畳があるのが実に当たり前のことでしょう。
もっとも、今では、全面フローリングという住宅も多くあり、時代の変化でもあるのかもしれません。
けれども、退去による賃貸住宅からの退去を鑑みれば、畳もまた、当然原状回復義務があります。
一体、どのような場合に、生じるのでしょうか?
まず、タバコの焦げなどは、あきらかに賃借人の責任となります。
故意でなくても、過失に相当してしまうため、タバコを吸う人は、十分注意すべきです。
しかし、仮にタバコを吸わない人で、タバコの焦げがあれば、オーナーがリフォームをしなかったことでもあり、それに関しては、話し合う余地があるでしょう。
一般的には、そういうケースは考えられませんが、頭の片隅にでも入れておくことも大事です。
また、家具のへこみなども、賃借人が修繕費用を負担します。
生活上で惹起することであり、仕方のない面もあるでしょう。
さらに、食べ物のシミやカビなども、賃借人が負担します。
繰り返すようですが、生活で生じた損傷などに関しては、賃借人が費用負担し、畳であっても、変わりないことです。
ただし、雨漏りなどによる損傷は、建物自体にも関わるため、賃貸人が負担するようになります。
しかし、そういうことを知りながら、放っておいたのであれば、賃借人も負担する必要が出て来るかもしれません。
なお、ペット可物件においては、ペットが傷つけたものも、賃借人の費用負担となります。
畳であれば、犬が穴掘りをしてしまう可能性もあります。
この点も、きちんと弁えておうべきでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.