住宅ローンを活用しよう

経年劣化を考慮することが、原状回復に求められていますが、現実的には、個々の状況で判断するようです。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

経年劣化も知っておこう

建物は、利用しなくても、自然と劣化していくものです。
これは、物に共通したものであり、たとえば車でも、摩耗が続けば、機器も傷付き、いずれは動かなくなります。
建物のそうであり、住宅もまた、同様です。
もっとも、住宅などの建物は、古代に建築されたものなどが、21世紀の今日までそのままの状態となっていることもあります。
使用できない、あるいは、使用すれば、損害が大きくなるため、保護している面もあるでしょうが、長い間そのままの状態となることもまた、建物には当てはまるのでしょう。
ともあれ、建物には、自然と劣化していく傾向があり、賃貸住宅であっても、同様です。
これは年数と関係するため、経年劣化とも言われています。
このため、経年劣化を考慮することが、退去時の原状回復にも求められています。
より正確に言えば、原状回復のための費用を計算する不動産管理会社などにでしょう。
一般的に、建物が完成してから5年間は、急激に劣化していき、その後、緩やかに劣化しながら、おおよそ10年で一定割合の劣化で止まるようです。
これを見れば、築年数10年のものであれば、経年劣化の目安が付くのかもしれません。
しかし、実際のところも、これも難しい面があります。
仮に入居者が故意に壁を傷つけたとしても、古い建物であれば、それが故意であるのか、そうでないのかは、判断しにくにようです。
このため、個々の状況で、経年劣化と故意過失を区別するというのが、現実のようです。
ただし、経年劣化を全く考慮しない計算は、許されないようです。
この点も、退去の時に、きちんと弁えておくべきことでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.