住宅ローンを活用しよう

退去の際の修繕費用に割り当てられるのが敷金であり、担保金のようなものです。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

敷金との関係

賃貸住宅の退去と言えば、やはり、気になるのが敷金です。
現状では、法律上に明確な規定がなく、どこか曖昧な感じがします。
慣習から生じていることであり、法律違反ではないですが、大事なお金であるのが、賃借人としても、十分理解しておくべきでしょう。
ならば、敷金とは、どういうお金になるでしょうか?
端的に言えば、担保金となります。
賃借人は、善管注意義務があるため、退去の際には、該当住宅を原状回復させることが求められています。
しかし、それが不十分であれば、修繕費などを支払うようになります。
それに割り当てられるのが、敷金となっています。
一般的には、家賃の数ヶ月分相当ですが、近年では、敷金のないゼロゼロ物件が多数あります。
けれども、敷金にも良し悪しがあり、敷金のないゼロゼロ物件であれば、修繕費用を全額自己負担させられる可能性があります。
少なくとも、担保金がある以上、別途請求されても、敷金との差額分となります。
また、第一に利用するのが修繕費用になりますが、残置物の処理代、あるいは、滞納家賃にも充当できるようになります。
ただし、基本的には、残置物をないようにするのが、賃借人の務めです。
さらに、滞納家賃に割り当てるのは、あくまで修繕費用の址になります。
当然、敷金が修繕費用のみで使われ切ってしまうこともあります。
なお、滞納家賃に充当できるのは、退去時となっています。
入居中には、オーナーの許可などがない限り、不可能であるのが、一般的です。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.