住宅ローンを活用しよう

景気との関係が深いのが、不動産関連市場であり、賃貸にも自然と反映するようになります。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

景気と不動産関連

日本が市場経済である以上、賃貸住宅の家賃も、景気に影響を受けます。
もっとも、かつてのバブル経済の時、家賃を上げなかったオーナーもいるため、すべての物件に当てはまるとは言えません。
けれども、総体的に見れば、景気が良くなれば、物価が上がるため、不動産価格も上がり、家賃にも影響します。
それがあまりにも実体とかけ離れていれば、バブルとなり、いずれは弾けてしまいますが、公的機関の市場介入が大事であるのは、言うまでもないでしょう。
いずれにせよ、景気と不動産とは、大きな関係にあり、景気動向が一番反映されるのが、不動産市場であるとのことです。
そのため、市場が上向き加減になっている時、できるだけ、早めに賃貸住宅などを見つけるのが、無難かもしれません。
もっとも、景気が上昇すれば、オーナーによっては、家賃を上げる可能性もあります。
この点については、不動産会社との相談にもなるかもしれません。
あるいは、上昇傾向が見えない段階で、借りるという方法もあります。
ただし、景気が上がれば、通常、賃金も上昇することになっています。
そうなれば、家賃が上がっても、賄い切れるとの見方もあります。
これもまた、賃貸住宅を決める一つの目安かもしれません。
なお、景気を判断するには、インターネットなどで市場動向を把握できます。
株価なども一定の目安となり、日々のニュースでも確認できるでしょう。
あるいは、為替相場も該当しますが、大事なことは、実体経済との関係です。
そうなれば、各種専門家のホームページ、あるいは、経済企画庁などのサイトを確認するのが、適切であるかもしれません。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.