住宅ローンを活用しよう

入居と退去についても、十分理解しておくべきであるのが、賃貸住宅です。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

入居と退去について

契約が成立し、いよいよ賃貸住宅への入居となります。
新しい住まいとなるため、ウキウキする人もいることでしょう。
しかし、入居についても、きちんと確認しておくべきことがあります。
まず、入居日は、しっかり守るべきでしょう。
仮に住めなくなるようなことがあれば、契約をキャンセルしても、お金が戻って来ないこともあります。
無駄なお金となってしまうため、確実な入居日を決めておくべきです。
また、契約を決めたのであれば、申込金を支払うようになりますが、キャンセルすれば、返戻されるようになります。
これは、手付とは異なるため、しっかり理解しておくべきです。
仮に戻って来ないようであれば、きちんと理由を説明してもらうべきでしょう。
さらに、入居したのであれば、各種手続きを忘れないようにしましょう。
特に、役所への届出は、できるだけ、早めに行うべきです。
光熱費に関しては、事前に行うべきであり、最低でも入居日の一週間前までに行っておくべきです。
また、入居のみならず、退去についても、十分理解しておくべきです。
契約が2年で更新されるとはいえ、賃借人の自由意思でいつでも退去可能です。
仮に退去しようと思えば、退去日の一ヶ月前までに不動産管理会社に連絡すべきです。
さらに、退去日を伝え、何らかの理由で退去日が伸びる場合、一週間経てば、新たな家賃が発生します。
入居日と同様、必ず退去できる日を告げておくべきです。
なお、退去においては、原状回復義務があります。
故意過失での損害については、賃借人が費用を負担します。
敷金から賄われ、不足分は別途請求されます。
その点も、十分理解しておくべきでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.