住宅ローンを活用しよう

日本が契約社会である以上、賃貸住宅で暮らすには、賃貸契約を結ぶようになります。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

契約のポイント

賃貸住宅で暮らすためにも、契約を結ぶ必要があります。
多くのケースで、不動産会社を仲介するかと思いますが、契約時にも、十分気を付けておくべき点があります。
まず、賃貸契約においても、主契約と特約があります。
もっとも、特約は、いつでも利用される訳ではなく、利用される物件がある、というのが正確でしょう。
たとえば、すでに取り上げているペット飼育に関しては、特約が付けられることがあります。
主契約を補足する形で、ペット飼育が認められることです。
しかし、特約を付けるには、条件があります。
すなわち、賃貸人ばかりでなく、賃借人の同意が必要であり、不合理な内容にならないこと、さらに、賃借人に一方的に不利な内容にならないことです。
したがって、特約を付けられそうになり、納得できないのであれば、断わることも問題ありません。
また、契約時には、入居審査があります。
これは、家賃を支払い続けられるか否かを見られるものです。
ローンの信用審査と似たようなものです。
収入が十分であるか、資産があるのかなどが、具体的な審査内容のようです。
しかし、収入が全くゼロでも、資産が十分であれば、入居審査に通ることもあります。
オーナー次第ということもありますが、これもまた、大事な点でもあるでしょう。
なお、契約費用は、前家賃、敷金、礼金、仲介手数料、保険料が一般的です。
しかし、ゼロゼロ物件であれば、敷金と礼金がありません。
また、保証代行会社を利用するのであれば、保証金も支払うようになります。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.