住宅ローンを活用しよう

金銭のやり取りによって、不動産の貸し借りが行われるのが、賃貸となっています。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

賃貸の基本を知る

金銭を伴ったやり取りは、色々なものがあります。
たとえば、スーパーの買物もまた、売買であり、金銭を伴ったやり取りです。
けれども、賃貸と言えば、売買でなく、貸し借りとなります。
債権者であるオーナー所有の住宅を、債務者である賃借人が金銭でもって借り受けることです。
仮に家賃が支払えないのであれば、オーナーは、強制退去を命令でき、財産処分なども行えます。
もっとも、これは極端な例でもあり、実際は、保証人への請求などをすることで、オーナーの損害をなくすことができます。
いずれにせよ、賃貸の場合、オーナーと入居者が同じではなく、金銭で結ばれているものです。
したがって、何かをなしたいのであれば、オーナーの意向に従うようになります。
たとえば、賃貸住宅で、気に入った不動産管理会社でも、オーナーが代えると言えば、それに従うようになります。
同時に、契約が変更となることもあります。
オーナーチェンジは、賃貸住宅であれば、当然起こりえることです。
しかも、マンションであれば、家賃収入が見込め、不動産投資の一つともなっています。
もちろん、賃貸に住みながら、別なマンションのオーナーとなり、不動産投資を行っている人もいます。
これも、また、面白構図と言えば、語弊があるでしょうか?
ともあれ、賃貸は、オーナーによって、変わりうるものです。
あくまで、入居者は、人の物を借りているということを忘れるべきではないでしょう。
ただし、小規模工事などは、オーナーの意向がなくても、実施できます。
こういう点も、十分承知しておくべきでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.