住宅ローンを活用しよう

長期ではなく、短期で生活できる賃貸の戸建て住宅もあり、自分の状況に合わせ、選択することができます。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

短期で生活したい

通常の賃貸の戸建て住宅は、長期で暮らすことが前提となっています。
2年契約となっていますが、2年毎に更新することで、一生生活できる可能性があります。
しかし、中には、長期では暮らさないという人もいることでしょう。
そういう人には、短期賃貸契約の物件を見つけるべきかと思います。
戸建てであれば、定期借家が該当します。
多くのケースでは、オーナーが一時的に自宅を離れ、その間、借家として貸し出すというものです。
契約期間としては、半年から2年となります。
仮に2年とすれば、2年で退去せざるを得なくなります。
ただし、オーナー側の問題で、一定期間の更新が可能になるかもしれません。
物件によって変わって来るため、契約などをきちんと確認すべきでしょう。
また、定期借家においても、ペットを飼える可能性があります。
もちろん、物件情報で、ペット可、あるいは、ペット相談であるかを確認すべきです。
なお、戸建て住宅にこだわらないのであれば、短期的に生活できる集合住宅もあります。
たとえば、マンスリーマンションが代表的なものです。
その名の通り、一ヶ月毎に契約金を支払うようになります。
あるいは、ウィークリーマンションもあり、これも字義通り、週毎に契約金が発生します。
ホテル代わりに利用でき、しかも、短期であれば、一般的な賃貸マンションよりも、コストが低くなるようです。
利用者には、留学生、あるいは、リフォーム中の家族などが多いようです。
いずれにせよ、短期で暮らせる賃貸物件もあります。
自分の状況に合わせた選択が可能でしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.