住宅ローンを活用しよう

賃貸の戸建て住宅でも、金銭を伴った契約を結ぶことで、入居できるようになります。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

契約時のポイント

日本は、契約社会であるため、賃貸の戸建て住宅を利用する場合も、契約を結ぶようになります。
法律で求められていることであり、仲介業者を介した契約となるのが、一般的でしょう。
しかも、賃貸契約は、金銭を伴った不動産取引です。
そのため、費用がどれくらい掛かるのかが、気になるところでしょう。
それには、内訳を知っておくことが、重要です。
まず、前家賃が必要です。
当月家賃でも、法律違反ではありませんが、慣習的に前家賃となります。
また、敷金と礼金があります。
敷金は、退去時に利用するかもしれないお金であり、礼金はオーナーへのお礼金です。
これらも、慣習から生まれた費用となっています。
近年では、敷金と礼金のないゼロゼロ物件も増えています。
さらに、仲介手数料が掛かります。
これらは、仲介業者へ支払うお金です。
また、連帯保証を代行会社に依頼するのであれば保証金、保険加入のための保険料があります。
以上、一般的な賃貸契約費用の内訳ですが、基準となるのが、家賃となります。
保証金と保険料は、家賃に満たないお金ですが、それ以外では、家賃の1ヶ月から3ヶ月分程度のお金となります。
また、賃貸契約においても、特約を付すことができます。
特約というと、民間保険を連想するかもしれませんが、概ね似たようなものです。
つまり、主契約の内容に補足したい場合に付すものです。
ただし、合理的な理由がなければならず、なおかつ、賃貸人と賃借人が双方合意する必要があります。
しかし、これはあくまで個人向けの条件です。
法人においては、この限りではありません。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.