住宅ローンを活用しよう

人付き合いを鑑みれば、賃貸の戸建ての方が、気を遣う面が強いかもしれません。

Back Number
その他の記事
住宅ローンを活用しよう

集合住宅との違い

集合住宅と言えば、アパートやマンションになります。
同じ敷地内に複数の世帯が居住し、壁一つ向こうは、別世帯となります。
しかも、施設などを共有していることになり、使い方などにも、十分注意を払うことが求められています。
一方、戸建ての場合、購入でも、あるいは、賃貸でも、別世帯と壁一つでつながっていることはありません。
もっとも、テラスハウスのように、二世帯が暮らせる戸建てもありますが、オーソドックスなところでは、一軒が独立した形です。
賃貸であっても、庭のある物件もあり、そうなれば、自由に利用できるでしょう。
しかも、集合住宅とは異なり、隣をあまり気にすることもありません。
同じ音であっても、環境からして、神経質になりにくい面があるのかもしれません。
しかし、とりわけ、賃貸マンションであれば、隣近所との付き合いをする必要がありません。
もっとも、厳密に言えば、壁一つで繋がっているため、マナーを守った生活が大切であり、挨拶程度を交わすのが大事でしょう。
しかし、いつ頃からか、賃貸マンションであれば、近所付き合いがなくていい、という風潮に変わりました。
分譲であれば、管理組合に加入しなければならず、人付き合いの苦手な人は、敢えて賃貸を選ぶこともあるでしょう。
ところが、賃貸の戸建てであれば、近所との付き合いが密接になってしまうこともあります。
これは、自治会との関係であり、引越した後に入会を勧められることが、一般的でしょう。
しかし、自治会はあくまで自主的なものであり、加入の有無は任意です。
そうは言っても、どんな物件に暮らそうが、マナーを持つことは大切です。
たとえ、自治会に加入しなくても、最低限のマナーを守るべきでしょう。

Copyright (C)2018住宅ローンを活用しよう.All rights reserved.